メディカルデスク(旅行透析予約 )

日本語で透析治療を受ける - メディカルデスク –

フランクフルト透析

海外透析

海外旅行透析

メディカルデスクでは、フランクフルト

への海外旅行透析の透析予約ができます。

 

海外透析
トラベルデスク 海外透析透析問合せ トラベルデスク

ドイツ・フランクフルトで透析・メディカルデスク

ドイツのフランクフルトは、ドイツの金融と商業の中心であり、高層建築が立ち並んでいます。

ドイツのほかの地域では高層建築はあまり見られませんが、フランクフルトには証券取引所やドイツ銀行をはじめ、大銀行の本社が群をなして建っています。

フランクフルト名物のメッセ(大市)は、当時の王様の庇護のもと、13世紀ごろから活発に行われるようになり、現在では毎年大規模な見本市が数多く開催されています。

フランクフルトには、旅行者透析を受けていただける透析センターが15箇所程度ございます。

透析センターは、かなり多くございますが、フランクフルトで旅行透析を受けていただける透析センターは、限られています。

フランクフルトの透析センターでの会話は、ほぼドイツ語になります。あと少し英語での会話になります。

日本語の通じるセンターは、フランクフルトの透析センターにはほとんどございません。

フランクフルトの透析センターでは、クリニック内の会話は、通常、英語またはドイツ語にての会話となります。

ただ、フランクフルトの透析センターでは、フレンドリーでなんとか聞き取って理解をいただける場合がほとんどですので、そんなにご不安になることもございません。

フランクフルトの透析は、通訳機またはスマホの翻訳アプリがあれば、なんとかなるかと思います。

フランクフルトでのお泊まりのエリアと透析センターの所在地のご希望をお伝えください。

フランクフルトの旅行者透析のできる透析センターをお探しいたします。

ドイツ・フランクフルトの人工透析です。

ドイツ(フランクフルト):KFH中央透析センター(KfH-Nierenzentrum)

フランクフルト透析

KfH-Zentrum in Frankfurt-Ginnheim

フランクフルト:KFH中央透析センター(KfH-Nierenzentrum)

    • 【診療科目】人工透析
    • 【住所】Ginnheimer Landstraße 92, 60487 Frankfurt
    • 【診療日】月曜から土曜
    • 【治療時間】4時間から5時間
    • 【休日】日曜・祝日
    • 担当者:英語、ドイツ語

    ドイツ・フランクフルトの人工透析です

    ドイツ(フランクフルト):KFH中央透析センター(KfH-Nierenzentrum)

    フランクフルト透析

    KfH-Zentrum in Frankfurt-Ginnheim

    フランクフルト:KFH中央透析センター(KfH-Nierenzentrum)

    • 【診療科目】人工透析
    • 【住所】Schleusenweg 22, 60528 Frankfurt
    • 【診療日】月曜から土曜
    • 【治療時間】4時間から5時間
    • 【休日】日曜・祝日
    • 担当者:英語、ドイツ語

    ドイツ・フランクフルトでの透析予約代行費は、通信事務費1万円と提出書類翻訳支援費5,000円とコーディネート費5,000円が別途必要になります。

    ご不明点がございましたらご遠慮なくおしらせください。
    対応いたします。

    弊社は、医療施設の予約代行を各国在住の透析コーディネータと行っています。

    旅行会社がツアーと合わせてされているオプショナルツアーの予約とは基本的に異なります。

    パッケージツアー及び旅行業務そのものにつきましては、お取り扱いをしていませんのでご自身で別に確保をお願いいたします。

    ドイツ・フランクフルトへの海外旅行が決まりましたら、先ずは、ご相談ください。

    フランクフルトにて透析センターで透析受診日を確保いたします。

    お申し込みをお待ちいたしております。

    海外透析
    トラベルデスク 海外透析透析問合せ トラベルデスク
    「海外旅行者透析を安心の日本語でサポートします。」MedicalDesk(メディカルデスク)

    お得なホテルが見つかります。



    Booking.com

    世界のホテル予約は、世界のホテルから

    日本のホテルも格安に予約できます。

    日本のホテルも格安に検索予約できます。

    世界のホテル料金比較は、世界の旅から

    ワンクリックで

投稿日:2018年6月10日 更新日:

執筆者:



Booking.com