メディカルデスク(旅行透析予約 )

日本語で透析治療を受ける - メディカルデスク –

マウイ島透析

海外透析

海外旅行透析

メディカルデスクでは、マウイ島

で海外旅行者透析が受けられます。

 

海外透析
トラベルデスク 海外透析海外透析予約

ハワイ・マウイ島で透析・メディカルデスク

マウイ島は、2つの島が溶岩の噴火で繋がり、1つの島となったマウイ島は、その地形から「渓谷の島」とも呼ばれています。

マウイ島内には美しいビーチや、渓谷の中の公園、またシュノーケリングに適したスポットなど、マウイ島ならではの観光スポットで目白押しです。

また、マウイ島はカメハメハ大王がハワイ王朝時代の拠点としていた港町ラハイナもあり、ハワイの歴史を今に残す島でもあります。

マウイ島は、ホエールウォッチングやシュノーケリングなど、アクティブに楽しむことができるだけでなく、ハワイの歴史に触れながらゆったりと過ごすこともできる珠玉のリゾート地なのです。

また、マウイ島の透析センターも旅行者対象のセンターから現地ロコ用のセンターまでございます。

メディカルデスクは、マウイ島のお泊まりのホテルに近い透析センターにご案内しています。

マウイ島では、送迎通訳サービスは、ございませんが、電話による日本語通訳サービスを行なっています。

マウイ島で安心して日本語で透析を受けていただけます。

マウイ島のラハイナ地区、ワイルク地区に提携の透析センターがございます。

もちろんマウイ島の透析センターへのご予約実績もございます。

マウイ島のお泊まりのエリアによりご希望をお伝えください。

マウイ島の便利な透析センターをご案内いたします。

ハワイ・マウイ島の人工透析です。

マウイ島ワイルク:マウイHP透析センター(Liberty Dialysis Maui Home Program)

マウイHP透析センター

マウイHP透析センター

マウイHP透析センターです

ワイルク:マウイHP透析センター
  • 【診療科目】人工透析
  • 【住所】105 Maui Lani Pkwy Ste 100, Wailuku, HI 96793
  • 【診療日】月曜から土曜
  • 【治療時間】4時間から5時間
  • 【休日】日曜・祝日
  • 日本語:電話通訳可能

マウイ島ラハイナ:リバティカハナ透析センター(Liberty Dialysis Kahana)

マウイ透析センターカハナ

マウイ透析センターカハナ

リバティカハナ透析センターです

マウイ島ラハイナ:

リバティカハナ透析センター

  • 【診療科目】人工透析
  • 【住所】

    4405 Honoapiilani Hwy #208, Lahaina, HI 96761

  • 【診療日】月曜から土曜
  • 【治療時間】4時間から5時間
  • 【休日】日曜・祝日
  • 日本語:電話通訳可能

マウイ島ワイルク:マウイ透析センター(MAUI DIALYSIS)

マウイ透析センター

マウイ透析センター

マウイ透析センターです

マウイ島ワイルク:マウイ透析センター
  • 【診療科目】人工透析
  • 【住所】

    105 Maui Lani Pkwy # 100, Wailuku, HI 96793

  • 【診療日】月曜から土曜
  • 【治療時間】4時間から5時間
  • 【休日】日曜・祝日
  • 日本語:電話通訳可能

マウイ島での透析予約代行費は、通信事務費1万円と提出書類翻訳支援費5,000円および透析施設コーディネート費5,000円の合計2万円になります。

マウイ島での送迎は対応いたしておりません。

マウイ島での透析は、電話あるいはLineによる日本語通訳支援を無料でご利用いただけます。

弊社は、医療施設の予約代行を各国在住の透析コーディネータと行っています。

旅行会社がツアーと合わせてされているオプショナルツアーの予約とは基本的に異なります。

パッケージツアー及び旅行業務そのものにつきましては、お取り扱いをしていませんのでご自身で別に確保をお願いいたします。

マウイ島への海外旅行が決まりましたら、先ずは、ご相談ください。

マウイ島で透析受診日を確保いたします。

お待ちいたしております。

海外透析

「海外旅行透析を安心の日本語で受けられます。」MedicalDesk(メディカルデスク)

トラベルデスク 海外透析海外透析予約

お得なホテルが見つかります。



Booking.com

世界のホテル予約は、世界のホテルから

日本のホテルも格安に予約できます。

日本のホテルも格安に検索予約できます。

世界のホテル料金比較は、世界の旅から

ワンクリックで

投稿日:2018年6月4日 更新日:

執筆者:



Booking.com